私たちのクレド | しもふり訪問看護ステーション採用サイト

私たちが大切にしていく約束

私たちは、なんらかの困難を抱える人たちへの「支援」を行う制度的なしくみの一員です。
支援を必要とする人の数は、今後もますます増加していきます。
しかし、支援の形は、支援される側それぞれの個別的な事情と、支援する側の専門職種の構成などによって、有機的にその姿を変えていく難しさもあります。
そのような中で、一人でも多くの支援を必要とする人に過不足ない支援を効率的に送り届けるためには、 制度の熟知はもちろんのこと、全体を見渡し各ステークホルダーの立場を尊重しながら各々を「繋ぐ」力も必要となります。
「医療と介護と生活」の三者を繋ぐために最も相応しいポジションと能力を有しているのが、訪問看護の業務に従事する看護師とセラピストであると私たちは考えます。
そのポジションと能力を最大限発揮することで、多職種のチーム内およびチームと利用者との関係においても、常に「最適な支援」を選択し提供できるプロフェッショナルでありたいと思います。
これらを実現していくために、ここに私たちが大切にしていく約束を『 クレド 』 として制定します。

私たちのクレド −真−

「信頼貯金」を地道に増やす

「真のニーズ」を読み取る力と応える力を磨き続け 、プロフェッショナルとして信頼される自分であろう。

自身の「真」と全体の「真」を整合させる

一部における「真」は全体にとって「真」でないことがある。部分最適でなく「視野」を広げ、全体最適を目指す自分であろう。

「内省する眼」を持つ

私たちの仕事は走り続けている。必要な時には立ち止まり、自身や状況を俯瞰し、周囲からのフィードバックにも耳を傾け、「気づき」を得られる自分であろう。

私たちのクレド −善−

あたりまえの枠を超えて

顧客への安心と信頼のために、社会の構成員として守るべきものは守り、さらにその枠を超えて「善い」行いを増やせる自分であろう。

成熟した人間関係を

チームの成長のために、必要な時に必要な行動を取り、相互に支え、高め合える「成熟した人間関係」を築ける自分であろう。

周囲に「プラスの影響」を

自分の心身や環境をよい状態に保ち続けることがスタートである。一時の感情に流されることなく、周囲にプラスの影響を与えられるような自分であろう。

私たちのクレド −美−

「魅力ある未来」を共に創る

自分のもつスペシャリティーを有効に使い、様々なステイクホルダーと共に「魅力ある未来」を創れる自分であろう。

「組織体験」への変換

体験を皆に共有できる自分であろう。「個人体験」を「組織体験」に変えるための対話から、「一人では成しえない創造」が生まれることを願って。

「失敗」も時には美しい

小さな失敗を恐れず「チャレンジ」し、自分だけでなく他者のチャレンジからも学び取れる自分であろう。新しい何かを創り出すために。

求人採用のご応募はこちら

エントリーフォームへ