木下 亜矢子 | しもふり訪問看護ステーション採用サイト

もっと患者さんと向き合える看護をしたい

「考える看護」がしたくて訪問看護師の道へ

管理者 看護師木下 亜矢子

  • まず初めに、木下さんが訪問看護の世界に足を踏み入れたきっかけを教えてください。
    それまで勤務していた総合病院では、医師の指示のもと医療行為をおこなうことがほとんどでした。
    看護師として患者さんと向き合う時間がなくただただ慌ただしい日々に自分を見失いそうになり、もっと患者さんと向き合える看護をしたいと思い訪問看護への転職を考えました。
    また当時まだ小学生だった娘との時間を確保したかったので、夜勤がなく日勤でできる仕事だったということも訪問看護を選んだ理由のひとつです。
  • 実際に訪問看護の現場に入ってみて、病棟看護との違いを感じましたか?
    一番違いを感じたのは人的環境も含め、物品が揃わないなど環境が整っていない中でケアを行わなくてはならないことです。そんな中で五感を使い情報を収集し、看護技術を使いケアを行います。自分自身の体調やメンタルが整っていないことで失敗したり、いつも以上によくできたりということもあります。一対一で看護をするという面では「自分を整える」ということがとても重要だと感じています。
  • 訪問看護で求められる能力とはどんなものでしょうか?
    コミュニケーション能力は大きいと思います。私たちが相対するのは病気や障害を抱えながらも日々自分の生活を過ごされている方達であり、様々な価値観をお持ちです。そのようなご利用者、ご家族が大切にしていらっしゃることを受け入れて寄り添っていく。そのためにはコミュニケーション能力は大切だとおもいます。
  • 木下さんが大切にしている看護観を教えてください。
    訪問看護の現場は生活の場であること、そして訪問看護の主体が利用者とご家族であることを忘れないようにしています。
    看護観というものを改めて考えたことはありませんが「考える看護」がしたくて訪問看護師の道にすすみました。

訪問看護に興味がある訪問未経験の看護師さんへ

  • 木下さんが所長を務めるしもふり訪問看護ステーションはどんなステーションですか?
    看護職とリハビリ職がお互いを尊重し高め合いながら、それぞれの専門性を融合させて地域に貢献しているステーションです。
  • 新入職者への教育研修はOJTが中心となりますが、OJTではどのようなことをしていますか?
    訪問に同行してもらい、実際にケアをしてもらいます。必要となるケアは基礎的な看護技術でカバーできることがほとんどなので、それほど苦労することは無いはずです。ただ、訪問先は一軒一軒それぞれ環境も違いますし利用者様のADLも違います。
    自分の思うようなケアはできたのか、利用者さんにとってはどうだったのか、振り返りをしてもらい次回につなげてもらいます。
  • どんな人にチームに加わってほしいと思っていますか?
    周囲の人を尊重でき、感謝できる人ですね。
  • まだ訪問の経験はないけれど訪問看護に興味があるという看護師さんに伝えたいことがありましたらメッセージをお願いします。
    自分一人で患者さんを看るのは怖い、不安だと、みなさんおっしゃいます。それは誰でも同じですし、そう思うのが当然です。しかし、何が怖くて何が不安なのかその答えは自分の中にあり、それを見つけられたときこそが看護師として人として成長できるときだとおもいます。これまでに感じたことのない看護のすばらしさ、自己成長を実感したい方、挑戦してみてはどうでしょうか。

求人採用のご応募はこちら

エントリーフォームへ